結婚式口コミ みんなのウェディング  >   結婚準備  >   結婚式  >   主賓・仲人  >   主賓の身内に不幸


主賓・仲人依頼

Facebookページでも結婚準備の情報をお届け中♪
 前の相談 『主賓の祝辞について』 次の相談 『主賓について』 

 チュール さん  34歳  女性  東京都  2010年06月30日 09:51
相談

主賓の身内に不幸

この相談をお気に入りに追加する

結婚式までもう二カ月をきりました。

先日、新郎側の主賓(会社役員)の奥様が突然ご病気で亡くなりました。
ちょうど招待状を手渡しで渡そうとする矢先だったのですが、
いまだお渡しするのは控えています。

ちなみに事前に口頭で結婚式への出席と祝辞・乾杯の音頭をお願いし、
OKをいただいています。



この場合、どのようにふるまえば失礼がないのか教えてください。

結婚式の時点では49日もぎりぎり過ぎていることにはなりますが、
ご招待しても失礼ではないでしょうか??

またその場合でも、祝辞・乾杯の音頭をお願いするのは
やめたほうがよいでしょうか?既に頼んでいることでもあるので、
お願いしないことにした旨を伝えるのも微妙なのですが・・。
(仮に祝辞・乾杯をお願いしない場合、他の方にお願いすることになります)

さらに、招待状の渡し方・渡す日なども、
喪中においてどのように気をつければよいでしょうか?



長年連れ添った奥様のご不幸ですので、
できるだけの配慮はしたいと思っているのですが、
一度お願いしたことを取りやめるのも失礼?
招待状を渡すのが遅くなるのも失礼?
などとよくわからなくなっています。

ご意見いただければ嬉しいです。


  • 相談者をみんなで応援する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この相談は役に立ちましたか?   1 人が役に立つと評価しています。



『ブライダルフェア』に行こう
まずはブライダルフェアで結婚式場の下見を!デートにも最適♪
【お急ぎ婚&おめでた婚特集】
【お急ぎ婚&おめでた婚特集】
3ヶ月以内の挙式ができる会場は?お急ぎ婚やおめでた婚のできる会場が満載★


 ちー さん 34歳  女性
回答   2010年06月30日 16:49
一般的に二親等位(祖父母・兄弟)の関係なら49日を過ぎていればお祝い事もよいとされていますが、
一親等(両親・子)や配偶者が亡くなられた場合は遠慮するのが普通です。

それからご両親にも相談された方がよいですよ。
年配の方は、そういう事を気にしますから。
ご両親も「気にしない」ということであれば、

不幸があったが、予定通り主賓としてご招待したい旨を伝えて、
「喪が明けるまでは祝い事の参列は控える」と回答されたら
他の方に依頼しましょう。OKなら早急に招待状を渡して。
この回答は役に立ちましたか?  3 人が役に立つと評価しています。


 茶子 さん 35歳  女性
回答   2010年06月30日 23:47
それは大変な事態ですね…。
たぶん、出席されるのは難しいのではないかと思います。
「祝辞、乾杯をお願いしておりましたが、
大変な時だと思いますので、
招待状も控えさせて頂こうと思っているのですが…」
と伝えてみてはどうでしょう。

この回答は役に立ちましたか?  1 人が役に立つと評価しています。

 チュール さん
コメント   2010年07月03日 21:16
ご回答・アドバイスくださってありがとうございます。
その後ご意見を参考にいろいろ考えてしまいました。

ルールもあるのかもしれませんが、
先方の気持を一番大事にしたいというのが、こちらの気持ちなので、
「大変な時期でしょうから招待を控えさせていただくことも
考えているのですが・・・・」と切り出してみようと思います。

何事もないように参加しようとしてくれるか、
あるいはしばらく喪に服したいと判断されるかはこちらで決めることでは
ないですものね。
喪中であることにより呼ぶ側が敬遠する、という話もネットで見ましたので、
こちらが避けているとは思われないように、
言葉を選んで伝えようと思ってます。


本当にご意見ありがとうございました。
このコメントは役に立ちましたか?  1 人が役に立つと評価しています。

この相談に回答・コメントする

この相談をお気に入りに追加する
 前の相談 『主賓の祝辞について』 次の相談 『主賓について』 

 主賓・仲人依頼の相談リストへ
 相談広場TOPへ

相談する

フリーワードで検索




例) 演出 仮予約

相談広場のジャンル


結婚式準備



ドレス



披露宴準備



招待客



新婚生活準備



結婚後


フェア予約と口コミ投稿で、合計25,000円分のポイント(現金交換可)がもらえる!

未来の花嫁・花婿はあなたの本音を待っています。