結婚式口コミ みんなのウェディング  >   結婚準備  >   結婚式  >   結婚式のスタイル・テーマ  >   お色直し(中座)2回と余興のバランスについて


結婚式スタイル

Facebookページでも結婚準備の情報をお届け中♪
 前の相談 『披露宴のタイムスケジュール詰め込みすぎ?』 次の相談 『ペーパーアイテムのデザインが季節外れ』 

 ぺにょんぱ さん  30歳  女性  埼玉県  2016年02月23日 01:04
相談

お色直し(中座)2回と余興のバランスについて

この相談をお気に入りに追加する

初めまして。今年の秋頃に老舗ホテルにて挙式、披露宴の予定をしております。
会場はゴージャスで広め、クラシックな雰囲気で全体的にはブラウンの会場です。

お色直しの回数について非常に悩んでいます。
挙式は人前式でWDで行う予定です。
私の希望としてはWDで挙式→披露宴→カラードレス→和装をどうしてもしたいのです。
たくさん他の方の同じような質問も拝見して、中座が2回だと披露宴会場にあまりいられないからゲストと触れ合う時間があまりない、などのデメリットも理解しています。
ただ、私の場合は同級生同士の結婚で余興も男女で分けず、同級生の男女で合同で行って頂く予定です。
ですので余興が1回になる分、少し時間に余裕が出来るのではないかと安易ながら考えております。
WDからCDだとあまり髪型も変える予定ではなく、着替えの時間短縮はプランナーさんにお願いするつもりです。
ただわがままですが、ゲストとの写真は沢山撮りたいとは考えております。
これは無防備なのでしょうか。
アドバイスお願い致しますり

  • 相談者をみんなで応援する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この相談は役に立ちましたか?   0 人が役に立つと評価しています。



流行のスモール婚なら【ふたりのウェディング】
流行のスモール婚なら【ふたりのウェディング】
少人数・格安プランだけ!少人数でアットホームな結婚式をご希望のお二人のためのサービスです。
神社での結婚式で困っていませんか?
神社での結婚式で困っていませんか?
『神社で結婚式がしたい』と思っても何をどうしたら良いのかがわからない!と思ったらまずはクリック!


 にゃー さん 27歳  女性
回答   2016年02月23日 09:50
余興が1回で済む分、その時間はゲストとの触れ合いの時間に当てられては??

あれもしたい、これもしたい...。
あまりゲストの事を考えていない、自己満足な披露宴になりそうな印象を受けました。

披露宴でお色直し2回の結婚式に出ましたが、ほんとに花嫁さんは居ませんでした。
慌ただしくて、テーブルフォトくらいしかまともに写真が撮れませんでした。

和装は前撮りで済ませてはどうですか?
この回答は役に立ちましたか?  37 人が役に立つと評価しています。


 へろし さん 29歳  女性
回答   2016年02月23日 15:54
ご結婚おめでとうございます。
一生に一度のことなので、悔いのないものにしたいし悩みますよね。

ご質問の件、個人的な気持ちですが、中座2回は多いと思います。
結婚式や披露宴は自分自身が楽しむということも大切ですが、
何よりゲストに楽しんでもらうことが一番だと思っています。
あれもしたいこれもしたいの気持ちはわかりますが、出席したゲストからすると
中座が2回あり高砂が留守の時間が多いのは何しに来たのか・・・?
となってしまいます。

私は主賓の挨拶や余興はなし、中座は1回の披露宴をしましたが、
それでようやくテーブルラウンドで各卓での写真や高砂での写真が撮れました。
(出席者80人程度)
披露宴の時間がどのくらいかはわかりませんが、余興が一組だったとしても
中座が2回であれば希望のお写真は満足して撮れないと思います。
思いのほかあっという間に時間が過ぎてしまします。

私は和装前撮りをしました。
そしてその写真をウェルカムスペースなどに飾りました。
WD・CD・和装もしたく写真をいっぱい撮りたいということでしたら、
いずれかは前撮りにして写真を飾るのみとし、中座は1回にするのはいかがでしょうか。

この回答は役に立ちましたか?  4 人が役に立つと評価しています。


 なつみかん☆ さん 31歳  女性
回答   2016年02月23日 16:15
誰にどんな意見を言われようが意思が変わらないなら、質問する意味ないと思いますけど…。どんな回答を期待しているんでしょうか?

WD、CD、和装の全部でゲストと写真を撮りたいんでしょうけど、ご自分で思っている程ゲストはこだわっていませんよ。新郎新婦と一緒の写真は一度撮れれば満足かと思います。

せめて披露宴の入場はカラードレスにするくらいの妥協は出来ませんか?今のままでは只のファッションショーです。ゲストの記憶に残るのは「花嫁さん殆どいなかったね」で、ご希望の写真も撮る時間もなく。後から後悔しても、やり直しは出来ませんからね。よく考えてみてください。


この回答は役に立ちましたか?  20 人が役に立つと評価しています。


 しらゆり さん 39歳  女性
回答   2016年02月23日 21:31
既に出ていますが、挙式でWD、披露宴はCD→和装が一番良いと思います。
あとは、披露宴の受付横でお出迎えをWDで行い、オープニングムービーを流して時間を稼いでからCDで入場、お色直しで和装、ならお色直し1回で済みます。
写真が苦手なゲストにとって、あまりに写真撮影が多いとゆっくり食事できなくなってしまいます。女性ゲストは口紅や化粧を直してから写真撮りたいでしょうし。
この回答は役に立ちましたか?  11 人が役に立つと評価しています。


 飛翔 さん 39歳  女性
回答   2016年02月23日 21:43
お色直しについては今は1回が多いですが、老舗ホテルの広いところでされるなら親御さんの意向なども入ったスタンダードな披露宴でしょうし、2回も不可能ではないと思います。ただ今は大体2時間半ですよね?延長とかありですか。余興が1回でも、+偉い方のお話などが万が一長くなるとちょっと押せ押せになるか皆さん疲労の色が濃くなるのでは。

拘束時間が長い披露宴は敬遠される傾向にあるので(自由に集う感じのパーティーなら出入りもしやすいですが、ホテルの部屋で着席式では途中退席するわけにもいかない(・・;)相当スピーディーにやらないと…一緒に写真を残すのはちょっと無理じゃないかなぁ。
よほど着付けのうまいスタッフを確保し、早変わりして料理や引き出物などのグレードもあげるか..
友達と身内と、2回和装を入れてお色直しした人を見たことがありますがやはり時間かかってましたよ。私だけ地元つながりで同じテーブルに全く知り合いがいなかった時はちょっと会話も持たないというか困った感じでした(笑)もちろん大人ですから待っていましたけどね。
この回答は役に立ちましたか?  5 人が役に立つと評価しています。


 ぶるすけった さん 44歳  女性
回答   2016年02月24日 16:04
できるはできると思います。ホテルでの披露宴ならばそういう方はいますので。
ただかなり忙しいですし写真はフォトラウンド一回のみであきらめた方がいいと思います、というか衣装ごとにフォトラウンドはかなり厳しいかと・・・円卓が6個ぐらいならなんとかなるかなと思いますが・・・
私の知っている範囲では白無垢で挙式、色打掛で入場、WDにお色直ししてフォトラウンドまたはキャンドルサービス、CDにお色直しラウンドはなし、だったと思います。
お色直しごとにスタジオで写真撮影をされるならばかなりタイトになると思います。老舗ホテルならばスタジオ撮影がついてきませんか?
まずはプランナーさんに相談してみてください。
この回答は役に立ちましたか?  2 人が役に立つと評価しています。


 スキマ さん 31歳  女性
回答   2016年02月25日 00:21
私の地元だとお色直し2回もまだまだあります。
私が参加した披露宴での順番は白無垢で挙式→色打掛で入場→WD→CDでした。
私は引き振袖しか着たことがありませんが、和装は着付けに時間がかかります。
花嫁衣装だと崩れないようガチガチに着付けするのでなおさらです。
たくさん着たいなら和装から着た方が良いのでは?と感じました。
和装で人前式をする方もいらっしゃいますし。
洋装→和装が一番時間がかかるので後はプランナーさんとの相談ですよね。

あと個人的な感想だと、友人が多めならたくさん喋ったり写真を撮りたいのでお色直しや余興を少なめに。
職場の方をたくさん呼ぶのでしたら退屈しないようお色直し等で場の空気を変えた方が良いかなと思っています。

4着着た方は「結婚式は花嫁衣装を見てもらうもの」と開き直っていましたが、私が出席した披露宴の中でかなり満足いく内容で良かったです。
優先順位を決めてぶれずにがんばってください。
この回答は役に立ちましたか?  3 人が役に立つと評価しています。

この相談に回答・コメントする

この相談をお気に入りに追加する
 前の相談 『披露宴のタイムスケジュール詰め込みすぎ?』 次の相談 『ペーパーアイテムのデザインが季節外れ』 

 結婚式スタイルの相談リストへ
 相談広場TOPへ

関連する最新の相談

相談する

フリーワードで検索




例) 演出 仮予約

相談広場のジャンル


結婚式準備



ドレス



披露宴準備



招待客



新婚生活準備



結婚後


フェア予約と口コミ投稿で、合計25,000円分のポイント(現金交換可)がもらえる!

未来の花嫁・花婿はあなたの本音を待っています。