結婚式口コミ みんなのウェディング  >   結婚準備  >   新生活  >   新居選び・間取り  >   基準はなんですか?


新居選び

Facebookページでも結婚準備の情報をお届け中♪
 前の相談 『新居の家具』 次の相談 『犬を飼っているのですが、よい場所あります・・・』 

 ぽんぽろりん さん  35歳  女性    2007年11月30日 15:40
相談

基準はなんですか?

この相談をお気に入りに追加する

私の母も一緒に同居することになりました。
私たちの生活も大事にしたいし、母も疎外感を持たないような間取りを探しています。
何を基準にしたら良いですか?

  • 相談者をみんなで応援する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この相談は役に立ちましたか?   0 人が役に立つと評価しています。



和装撮影・前撮・写真のみOK
和装撮影・前撮・写真のみOK
美人メイクと白無垢で残す極上のフォトウエディング!和装撮影・前撮・写真のみはこちら
【お急ぎ婚&おめでた婚特集】
【お急ぎ婚&おめでた婚特集】
3ヶ月以内の挙式ができる会場は?お急ぎ婚やおめでた婚のできる会場が満載★


ぱんだ さん 32歳  女性
回答   2007年11月30日 15:42
何かを一緒に出来るとよいかもしれませんね。お食事なのか、お茶なのか、
何でもよいと思うのですが、一日に一度、一緒になにか出来れば、どんな間取りでも
疎外感なく、楽しく暮らせるのではないでしょうか。私の実家はそれぞれ別に暮らして
いるのですが、お食事だけは一緒に取る様にしています。それで十分だと思います。
この回答は役に立ちましたか?  1 人が役に立つと評価しています。


さきりん さん 36歳  女性
回答   2007年11月30日 16:02
やはりお互いの生活を壊さないような間取りが必要だと思います。
私は主人の両親と同居していますが、毎日が本当に大変です。ストレスで何度か体を壊しています。相手の親との同居はそれほど大変です。
ウチはうまく行かなくなり、今月別居予定です。

お母様は疎外感、ある程度仕方ないと思いますよ。結婚前とは違うんですから・・・まずはお二人の信頼関係を築いてください。娘親との同居であれば、息子親との同居よりトラブルは少なそうですが、一番気を遣ってあげなければならないは旦那さんだと思います。
旦那さんの意見を尊重して、間取りを決定したら良いのではないでしょうか。

お互いの生活スペースはきちんと分けて、お母様と夫婦がコミュニケーションが取れる居間のようなものがあると良いと思います。

ご主人の帰宅が毎日遅いのであれば、玄関から自室へ入るまでにお母様に影響がないような間取りを検討したほうが良いと思います。
経験者の意見としてですが自分が夜遅く帰宅して、寝ている義理の親を起こしてしまう・・・と言う状況はかなりストレスです。
この回答は役に立ちましたか?  3 人が役に立つと評価しています。

ぽんぽろりん さん
コメント   2007年11月30日 16:17
ぱんださん、さきりんさん
コメントありがとうございます。
彼のことを尊重してあげたいと思います。
やはり相手の親と言えども、知らない他人ですものね。
私も彼の両親と同居するとなったら、かなりストレスを感じると思います。
働いてきてくれる彼のことを大事にしないといけないなと思いました。
お二人のアドバイスを心に刻みながら、3人にとって良い方法を探していきたいと思います。
このコメントは役に立ちましたか?  0 人が役に立つと評価しています。


スズ さん 26歳  女性
回答   2008年04月10日 11:54
私の知り合いの家は2世帯同居ですが トイレやキッチンなど・・ほとんど分かれています。
それでも玄関は一緒なので 子供が帰ってくると
すぐに2階に上がらず まずはおじちゃん。おばあちゃんに挨拶するそうです。
同居する時 干渉し過ぎると辛くなることも多くなると思うので
1部屋でも共有スペースを作られたらどうでしょうか?
お互いの生活は保てて 集まれる場所があるのが一番良いかなと思います。
この回答は役に立ちましたか?  0 人が役に立つと評価しています。

この相談に回答・コメントする

この相談をお気に入りに追加する
 前の相談 『新居の家具』 次の相談 『犬を飼っているのですが、よい場所あります・・・』 

 新居選びの相談リストへ
 相談広場TOPへ

関連する最新の相談

相談する

フリーワードで検索




例) 演出 仮予約

相談広場のジャンル


結婚式準備



ドレス



披露宴準備



招待客



新婚生活準備



結婚後


フェア予約と口コミ投稿で、合計25,000円分のポイント(現金交換可)がもらえる!

未来の花嫁・花婿はあなたの本音を待っています。