婚約指輪の相場とは? サプライズや渡し方のコツもご紹介!

みんなのウェディング編集部
2016.08.11
婚約指輪の相場とは? サプライズや渡し方のコツもご紹介!

みんなのウェディング内の20代・30代のユーザーによると、婚約指輪の値段で最も多かったのが20万-30万円。

今回の講義では、婚約指輪の相場や選び方、指輪の渡し方とそのコツを徹底解説します。

【目次】

  • Q.婚約指輪の金額はいくらでしたか?
  • 彼氏が押さえるべきこと
  • 彼女が押さえるべきこと
  • 結婚指輪・婚約指輪についての記事はこちら

Q.婚約指輪の金額はいくらでしたか?

■20万円-30万円 28%
■10万円-20万円 23%
■30万円-40万円 15%
■-10万円 14%
■40万円-50万円 10%
■60万円-100万円 6%
■100万円-2%
■50万円-60万円 2%

みんなのウェディングの20代・30代のユーザーによると、婚約指輪の値段で最も多かったのが20万-30万円。
思っていた平均よりも少し安いかなと感じるかも知れませんが、アンケートによると、婚約指輪の「金額」と「満足度」に比例関係は見られませんでした。

結婚指輪の相場はこちらから

★関連記事

彼氏が押さえるべきこと

彼女がブランドやデザインにこだわるか否かが最大のポイント

婚約指輪を贈る彼と、その指輪を受け取る彼女、それぞれにとっての指輪の思い出をより良いものにするためには 彼女の趣向 をまず押さえる必要があります。

彼女の趣向に関して 「指輪のブランドやデザインにこだわるか否か」 この点をまずは押さえておきたいですよね。
ファッションにこだわる彼女に対して、安物の指輪を贈るとプロボーズを拒否される危険性があるかもしれません。

一方で、ファッションにあまりこだわりがない彼女にブランド物の指輪を贈っても、あまり気に入ってもらえず、相手の気を重くさせてしまうかもしれません。

指輪を選ぶ要素は マーケティングの4P に少しだけ似ています。

Price(値段)
Product(ブランド、デザイン、サイズ、カラット)
Promotion(渡すシチュエーション)
Place(普段使いできるか否か)

彼女の趣向に各項目を適正に考える必要があります。

金額・相場よりサプライズ演出に注力せよ

指輪の金額に関わらず金額に限らず 「サプライズ演出が嬉しい」 という声が多くありました。

彼は金額で頑張るよりも、指輪の渡し方でいかにサプライズを演出するかに注力した方が良いのかもしれません。

指輪を贈るシチュエーションは「プロポーズの際にサプライズで」と「プロポーズ後に一緒に選びに行く」の2パターンに分かれます。

そもそもプロポーズと密接に関係あるイベントであるため、 プロポーズの戦略とセットで考える 必要があります。
ファッションに拘りがない彼女であれば、「プロポーズの際にサプライズで」パターンは有効的ではないでしょうか。

◇好意的なサプライズ3パターン

1.プロポーズ+指婚約輪のサプライズ(その事実だけで嬉しい)
2.ジュエリーに彼が疎いのに頑張って選んでくれた(ギャップ萌え)
3.手先が器用ではないのに手作りの婚約指輪(手作り品好きなら有効)

サプライズパターンでは 「その事実だけで嬉しい」 という、きわめて単純で好ましいパターンが多かったです。
プロポーズだけでも嬉しいのに、指輪も同時でサプライズとなると格別の嬉しさを味わう彼女が多いようです。

一方で、特筆に値した事例が 手作り の婚約指輪。
ブランド物が好きではない女性にはハンドメイド品を好む女性も多く、手作りの指輪は経済的な側面からも、彼は一考に値する価値があるでしょう。

◇サプライズには2つのリスクも!

1.彼女の指輪のサイズがわからない
2.プロポーズを断られた際の指輪代

指輪のサイズに関しては、彼女に聞いておくのがベストですが、ここでプロポーズを感づかれるリスクはあります。

婚約指輪の前に 誕生日プレゼントなどで一度指輪を贈っておく と、サイズ感がわかるので準備としては最適です。

プロポーズを断られた際の経済的なリスクへの対応策は、プロポーズの確度を日頃から高めるべく努力するしかないでしょう。
このリスクを避けたければ、一か八かのプロポーズ自体を避けた方が賢明でしょう。

彼女が押さえるべきこと

希望があれば前もって伝えておく

指輪を受け取る側である彼女は、希望があれば前もって伝えておいた方が良いかもしれません。
ただし、プロポーズされていない段階で指輪に関するリクエストは伝えにくいことでしょう。

せめて彼と買い物に行った際に、「こういうブランドが好き」「このブランドのジュエリーが好き」など いやらしくない程度に 伝えておきましょう。

◇受け取る際に考慮すべきポイント

1.指輪を日常使いするか否か
2.彼の経済力

結婚式で友人に見られるであろうこともあり、見栄を張りたい気持ちがある女性もいるでしょう。
しかし、ダイヤが大きい指輪を日常的に使うのか?使わないのか?などの 実用性 の観点もしっかり考えておきたいですよね。

もう1つは、 彼の経済力
人によっては「○十万円もの高価な指輪は毎日つけるのが気が重い」という女性もいました。

プロポーズ後に一緒に指輪を選びに行く際には、彼の経済力や「高すぎて自分が毎日つける気にならないかも?」という観点は考えた方が良いでしょう。

ただし、プロポーズが成功した後に指輪を選びに行ってリクエストされた指輪が高価すぎて破局したというアンケート結果はなく、指輪選びに妥協したくない女性は、 彼に嫌われない範囲で (プロポーズ直後が特にチャンスだと思われる)こだわって選んでも良いかもしれません。

<結婚指輪・婚約指輪についてはこちら>
最高の想い出に残る婚約指輪を大切な人に贈ろう♪

<関連記事>


あわせて読みたい!