イニシャル? 記念日? 心に残る婚約指輪の刻印文例集

  • みんなのウェディング編集部
  • 2016.06.24
イニシャル? 記念日? 心に残る婚約指輪の刻印文例集

婚約指輪の裏側には、自分たちだけの文字やメッセージを刻印することができます。
婚約指輪は結婚後、日常的に身につけることが少ないといわれています。

だからこそ、特別に身につけるときに、女性はそれを「彼からの愛の証」として深く実感したいものですよね。

【目次】

  • 1.お互いのイニシャル
  • 2.二人だけの記念日
  • 3.記念日+イニシャル
  • 4.彼からの愛の言葉
  • 【番外編】緊急時の連絡先

1.お互いのイニシャル

彼から彼女への「○to○」などが一般的です。

女性の指輪のサイズがかなり小さかったり、もともと刻印するスペースがあまりなかったりする場合も、イニシャルの頭文字程度ならば大丈夫ですね。

体験談
「スペース的にもぴったり!」
■お互いのイニシャル 自分の指輪のサイズが小さく(5号)、かつブランドの名前やシリアルナンバーなどの刻印も多く入っていて、側面までダイヤがはいっているタイプであったことから刻印できるのはイニシャルだけだった。(30代前半女性)

体験談
「シンプルにイニシャルを!」
■ごくごくシンプルに夫のイニシャルto私のイニシャル。指輪にはダイヤのカラット数が刻印されているが、うちの場合それが夫の誕生日なので、シークレットストーンは夫の誕生石(アクアマリン)を入れた。私は4月生まれなので、婚約指輪には二人の誕生石が揃っている♪というのは小さな自慢。(30代前半女性)

体験談
「“&“を使ったのがお気に入り!」
■入れられる刻印は3文字だけだったため、「S&K」と入れてもらった。英語は二人のイニシャルで、&は「いつまでも一緒に」という意味を持たせて入れた。 「&」と「to」で少し迷ったが、toは「あげました」という感じが個人的には好きではなかったため、&にした。(20代後半女性)

2.ふたりだけの記念日

ふたりの記念日を婚約指輪に刻印すれば、「永遠の愛の証」として一生忘れることはありません。

ところで、男性は結婚記念日や誕生日ほど公の日付でないふたりの記念日については、結婚生活が長くなるにつれて忘れてしまう傾向があるようです。

婚約指輪にしっかりと刻み込むことで折りに触れて日付を確認し、「忘れないでね」とリマインドするのも効果的ですね。

体験談
「ふたりが付き合った日を刻した! 」
■付き合った日を刻印しました。 その時から二人が始まったからその日を刻印しました。 またプロポーズは旦那からでその指輪をもらったのですが私が付き合う時告白したので 勇気を出した日って感じですかね。(30代前半女性)

体験談
「お互いが大切に思う日付を!」
■シンプルに、誓いと想いを込めた言葉と、大切な日付を入れてもらいました。 お互いに思う大切な一日があり、その日を将来忘れない様にする為に絶対に入れて欲しかったので良かったと思います。(30代前半男性)

体験談
「付き合い初めて4日目の記念日!」
■プロポーズされた日を、刻印しました♪付き合い初めて、4日目でのプロポーズ!!その時は、指輪がなかったので、この日を、プロポーズ記念日にしようと、ふたりで決めていました。だから、プロポーズ記念日で、付き合って4日目の火を、刻印しました。(30代後半女性)

体験談
「日付の間違いには気を付けて!」
■最初、彼がプロポーズの日付を刻印しようとしたのですが、ぎりぎりになって、そのプロポーズの日付が間違っていたことが判明! あやうく全然関係ない日付を刻むことになるところでした(笑)結局、ふたりのイニシャルと結婚する西暦だけ刻むことにしました。(20代後半女性)

3.記念日+イニシャル

文字数を最大限活かしたいならば、2人の記念日に合わせ、お互いのイニシャルを刻むのがおすすめ。

記念日とイニシャルの文字の組み合わせ方もさまざまなので、女性が納得する記し方を考えてあげられるとよいですね。

体験談
「日取りが未定のため入籍日を!」
■相手と自分のイニシャル+記念日。結婚式の日取りがまだ正確に決まっていなかったので、入籍日にしようという話になって入籍日を刻印しました。でも式の日と入籍日、どっちが結婚記念日か2人で悩み、後から決めてお店に電話で刻印を頼みました。(20代前半女性)

体験談
「指が細い私でもOKだった!」
■かなり指が細いので、指輪の裏側にかけるメッセージの字数には制限がありました。なので、シンプルに結婚記念日と夫のイニシャルto私のイニシャルにしました。字数の制限上、あまり工夫する余地もなかったかな。あと、婚約指輪は、結婚記念日にして、結婚指輪は結婚式記念日にしようかと思いました。(30代前半女性)

体験談
「プロポーズ1年後に入籍!」
■プロポーズ記念日と、from 彼のイニシャル to 私のイニシャルを刻印しました。 プロポーズの1年後に入籍と決めていたので、婚約指輪にはプロポーズ記念日、結婚指輪には入籍記念日を入れることにしました。(20代後半女性)

体験談
「こだわらない同士、納得!」
■彼は刻印にこだわっていなかったので、イニシャルとプロポーズを受けた年を 「A&B'10」のように刻印をお願いしたようです。刻印の入れ直しもできましたが、特に私もこだわりがなかったので今もそのままです。(20代後半女性)

4.彼からの愛の言葉

婚約指輪は、男性から女性への求愛の気持ちが、結婚指輪よりも深く込められているものと言えます。 ならば女性に宛てて、男性から、自分なりの愛の言葉を刻むことができたら素敵です。

刻める文字は英数字のみである場合が多く、また文字数制限も厳しいため、英単語あるいは短い数語になります。

しかし、その言葉を一生懸命考えてくれている男性の姿を想像するだけでも、女性は嬉しくなるものですよ。

体験談
「ずっと一緒がいいから”with you”」
■with you ずっと一緒にという意味だったからです。これからふたりでずっとともにいたいと思っていたからこの文字を刻印しました。(20代後半女性)

体験談
「彼への宿題”ともに生きよう”」
■旦那さんに、「メッセージを考えて」と宿題を出しました。 その結果、「ともに暮らそう、ともに生きよう」というラテン語を調べてくれたのですが、文字数の関係で「ともに生きよう」になりました。 彼なりの、永遠を感じさせてくれるメッセージでとても気に入っています。(20代後半女性)

体験談
「候補の中から”Forever Love”」
■Forever Love 旦那が一生懸命考えてこうなりました。優柔不断なので候補を3つほど挙げられてどれがいいと・・・ 一番のやつを言ってくれたらそれでいいんだけど。 結婚指輪に日付が入っているので、婚約指輪には日付は敢えていれませんでした。(30代前半女性)

体験談
「由来は秘密の”CKERISH”」
■CKERISH。 その言葉を選んだのは彼。理由は教えてくれません。でも単語の意味は自分で調べました。私はこの単語がタイトルの曲を知っていて、彼もこの曲が好きなようでそれで選んでくれたのかなーと思います。(20代後半女性)

体験談
「素直な気持ち”いつまでも一緒に”」
■「いつまでも一緒に」と入れました。 意味もそのままです。 何十年後かに見ても恥ずかしくなく、でも今の思いを伝える言葉としてそう書きました。(20代後半男性)

体験談
「フランス語の”ずっとふたりで”」
■プロポーズされた日付と、フランス語で”ずっとふたりで”という意味のメッセージを刻印しました。英語だと意味がわかりやすいので多言語でメッセージを入れたくて、指輪を購入したお店が、それぞれのデザインにフランス語で名前をつけていたのでフランス語にしました。(20代後半女性)

体験談
「私を英単語に表してくれた!」
■私のイメージを英単語にして入れてくれました。刻印は彼から店員さんへ依頼し、受け取りまで内緒でした。ふたりきりのときにはじめて刻印の内容とこめた意味を聞いて、改めて指輪をはめてもらいました。(20代後半女性)

【番外編】緊急時の連絡先

昨年の大震災という大変な経験が、ふたりにとっての大きな転機となったカップルも多かったようです。 たとえ何かがあってもお互いが確実に連絡を取り合えるように、との思いを刻んだカップルもいます。

体験談
「震災後プロポーズ、彼の番号を!」
■指輪ではなくペンダントヘッドでしたが、私の名前(結婚前にも関わらず彼の苗字のもの)、血液型、彼のケータイ番号が入っています。 プロポーズされたのがちょうど、東日本大震災から半月後ぐらいで、行方不明者の方がご家族と連絡が取れない、というニュースを見てふたりで心を痛めていたので、もし万が一の場合、お互いが連絡を取れるようにという意味があります。(30代前半女性)


婚約指輪に刻まれた文字や数字は、ふたりにとっての大切な刻印です。
そして、それを着けることができるのは、女性の特権です。

結婚すると日常生活に追われて「なかなか着ける機会がない!」という声も聞かれます。

せっかくですから、結婚前にはぜひたくさん着けて、彼からの愛のメッセージを実感しましょう。

★関連記事

あわせて読みたい!