婚姻届の提出に必要な書類「戸籍謄本と戸籍抄本」の違いとは?

みんなのウェディング編集部
最終更新日 2016.10.06
婚姻届の提出に必要な書類「戸籍謄本と戸籍抄本」の違いとは?

婚姻届を提出する際、添付する書類に戸籍謄本があります。

似たようなものに戸籍抄本があり、どっちを提出すればよいのか?
あるいは両方とも提出するべきなのか、迷ってしまいますよね。

そこで今回は、戸籍謄本と戸籍抄本の違いについて紹介します。

【目次】

  • 1.戸籍謄本(こせきとうほん)とは
  • 2.戸籍抄本(こせきしょうほん)とは
  • 3.戸籍謄本と戸籍抄本では、どちらが必要か?
  • 4.おまけ : 本人確認の方法

recipe01<PR>婚姻届の次はコレ!先輩カップルが「これだけはやったこと」とは?


1.戸籍謄本(こせきとうほん)とは

戸籍謄本は、戸籍の原本を全てコピーして、市町村長名と公印等を押して証明した書類です。

「謄」とは、「全文写し」の意味です。 その戸籍に入っている人(配偶者・子供まで)が全員載っています。 戸籍全部事項証明書とも呼びます。

2.戸籍抄本(こせきしょうほん)とは

戸籍抄本は、戸籍の見出し(本籍地、筆頭者の氏名と、戸籍の作成日、作成理由等が書かれた欄)と戸籍に記載されている人のうち、1部(通常 1人分)関係する部分だけ抜粋コピーして、市町村長名と公印等を押して証明した書類です。

「抄」とは、「必要部分写し」の意味です。 戸籍部分事項証明書とも呼びます。

3.戸籍謄本と戸籍抄本では、どちらが必要か?

多くの市町村役所では、婚姻届には「戸籍謄本」が必要種類としてあげられています。

「戸籍謄(抄)本」と記載されていることもあるので、婚姻届を提出する予定の市町村役所に念のため確認したほうがよいでしょう。

この場合は「戸籍謄本」か「戸籍抄本」のどちらか一方があればよい、という意味です。

もし、どちらを用意すればよいのかわからない場合は、すべて掲載されている「戸籍謄本」を準備すればよいでしょう。

なお、二人の本籍地と同じ場所に婚姻届を提出する場合は「戸籍謄(抄)本」は必要ありません。 どちらか一方が違う場合、二人ともが違う場合は、必要です。

さて、戸籍謄本であっても戸籍抄本であっても、本籍地の窓口に出向くことができればその場での発行が可能です。

一方、郵送で取り寄せる場合は1、2週間はかかる可能性があるので、余裕をもって予定しましょう。

4.おまけ : 本人確認の方法

戸籍謄本や戸籍抄本には個人情報がたくさん記載されているため、不正取得を防止するために戸籍の窓口では必ず「本人確認」を行ないます。

本人確認は運転免許証や写真付きの住民基本台帳カードなどの書類の提示をすることで行なわれます。

1枚の提示でよいものの例

・運転免許証
・写真付き住民基本台帳カード(住所地の市区町村で発行)
・旅券(パスポート)

2枚以上提示する必要があるものの例

・写真の貼付のない住民基本台帳カード
・国民健康保険、健康保険などの被保険者証
・国民年金手帳
・国民年金、厚生年金保険などの年金証書
・戸籍謄本等の交付請求書に押印した印鑑に係る印鑑登録証明書
・学生証、法人が発行した身分証明書で写真付きのもの

なお、本人ではなく同じ戸籍に掲載されている両親や家族が戸籍謄本を代理で取得する場合は、本人確認ができれば交付請求をすることができ、委任状は必要ありません。

窓口で本人確認ができた場合

市区町村役場に届出 → 本人確認完了 → 書類審査 → 戸籍謄本(抄本)受理決定

窓口で本人確認ができなかった場合

その場で届出の本人であることの確認ができなかった場合には、確認できなかった本人(届出人)に対して、婚姻届けの届出が受理されたことを、届出人の住所地に、郵送などにより通知されます。

窓口で本人確認ができなかった場合(郵送も含みます)

市区町村役場に届出 → 書類審査 → 戸籍謄本(抄本)受理決定 → 届出人に通知書発送

自動交付機を利用する

現在多くの市町村役所では窓口を経由することなく、自動交付機によって証明書の発行が可能です。
事前に手続きが必要です。

証明書の料金

なお、戸籍謄本も戸籍抄本もどちらも、窓口でも自動交付機でも、1通450円です。

体験談
「必要な書類がわかりにくかった」
■提出できる場所や、戸籍謄本、戸籍抄本など、必要なものがわかりにくく、何度も確認しました。
もし必要なものがある場合は、郵送で取り寄せたり、親にとってもらうなど、時間も必要となるので、余裕をもって準備をし、地域によって方法も違うので、確認が必要だと思います。(20代後半女性)

体験談
「早めに準備をしておくと安心」
■早めに準備しておけば間違いなくスムーズに提出できます。
本籍地以外で提出する場合は戸籍謄本や戸籍抄本などが必要になってくるので、取りに行ける場合はいいですが、取り寄せだと時間もかかるので。(30代前半女性)


recipe01<PR>婚姻届の次はコレ!先輩カップルが「これだけはやったこと」とは?

★関連記事

関連する記事