女性が不満に思うNGプロポーズ5つ【シチュエーションと場所】

  • みんなのウェディング編集部
  • 2016.07.12
女性が不満に思うNGプロポーズ5つ【シチュエーションと場所】

結婚を決意した男性のみなさん!
多くの女性はプロポーズに大きな憧れや夢を持っているものです。

あなたは彼女を満足させ、自分自身も納得のいくプロポーズをする自信がありますか?

ありきたりで普通の言葉やセリフでプロポーズするよりも、自分なりの精一杯のサプライズ演出でのプロポーズの方が彼女はきっと喜ぶはず。

しかし、残念ながら先輩カップルのプロポーズの中には、断られても仕方のないほど「最悪だった!」というものもあったようです。

そこで今回は、女性が不満に思うNGプロポーズ5つをご紹介します。
プロポーズをされる方は、気をつけてみましょう。

【目次】

  • 「サプライズなし」プロポーズ
  • 「仕方なし」プロポーズ
  • 「悪天候」プロポーズ
  • 「電話」プロポーズ
  • 「でき婚」プロポーズ
  • 番外編:プロポーズ自体なかった!

「サプライズなし」プロポーズ

プロポーズは結婚願望のある女性にとって 憧れ の瞬間。 それぞれに理想のプロポーズ像を思い描いているようです。

中でも「サプライズ」のあるプロポーズは大人気。

そのため、ベタすぎる、平凡すぎるものでは、女性側に不満が残ることもあるようです。
プロポーズをする側はそのことを考慮して、相手が「あっ」と驚くプロポーズシチュエーションを用意してあげましょう。

体験談
「いまだに夫へ不満が出てしまう!」
■普通に家でサプライズもなくプロポーズされました。 私はサプライズが大好きなので プロポーズはサプライズでしてほしかったからです。 この事はいまだに旦那に言っています。笑。(20代後半女性)

体験談
「夢見ていたサプライズでのプロポーズだったけど…!」
■最初はプロポーズがなく、会話の流れから「そろそろかな」となりました。
プロポーズなしは嫌だったのでクリスマスにUSJへ旅行に行った際にツリーイルミネーションをバックに婚約指輪と共にプロポーズを改めてしてもらいました。
プロポーズしてもらう場面でパークが閉園時間ギリギリで退園を促されていてバタバタしていたため。 また、その日その場面で改めてプロポーズしてもらうことが分かっていたためサプライズの感動がなくて寂しかった。 サプライズでのプロポーズ、一度されたかったです。(20代後半女性)

女性が不満に思うNGプロポーズ5つ【シチュエーションと場所】<PR>サプライズプロポーズのための指輪はこちら

「仕方なし」プロポーズ

男性側の結婚への決断があまりに遅すぎると、女性側はしびれを切らしてプロポーズを催促してしまう場合があるようです。
その勢いで出た「結婚しよう」では、女性側が不満に思ってしまうことも。

彼女と結婚したいと決意したならば、自分のタイミングで切り出せるように 早めの準備 が大切ですよ。

体験談
「周りからはほめられたけど…!」
■夏頃に、冬にプロポーズする!と言われていたので、クリスマスかしら?と若干期待していたんですが、イブもクリスマスも何事もなく、26日の朝、しびれを切らして、私から冬にするって言ってたやつはしないのか?!と催促すると、今言おうと思ってたんだ!と怒られ、その後、駅に送ってくれる車の中で、お嫁さんになって下さいと言われました。
その後聞くと、色々プロポーズ作戦を考えていたらしいのですが、タイミングが上手くつかめず、夜も緊張で眠れなかったそうです。
何やら、申し訳ない気持ちになったプロポーズでした。やっぱり、もう少し雰囲気が欲しかったです…自分から催促するなんてねぇ。女子友や先輩方には、カッコいいといわれましたが、女のカッコいいはいらないです。(30代前半女性)

体験談
「遅すぎて待てなかった!」
■将来の話を漠然とはしていたものの、彼はのんびりマイペースな人だったので、「いつ挨拶にくるの?」とストレートに言った(笑) できれば男らしく自分のタイミングでプロポーズ(決断)してほしかった。 でもあまりにも言ってこないので、私から「いつ挨拶にくるの?」と聞くと、私の誕生日(3ヶ月以上先)に言おうとしていたと白状した。。。おそ!(30代前半女性)

「悪天候」プロポーズ

落ち着いた雰囲気の中でロマンチックなプロポーズをするはずが、まさかの 悪天候 で台無しになってしまったパターンも。

特に屋外でのプロポーズを考えている男性は、プロポーズの言葉やタイミングだけでなく当日の時刻の天候、気温、またプロポーズ後もゆっくりとできる環境であるかどうか、という点もよく考えましょう。

体験談
「豪華客船の上だったけど…?!」
■ディズニーシーのコロンビア号の上で指輪を渡されました。寒くてトイレを我慢しているときだったので、もう少し落ち着いたところでしてほしかった。(20代後半女性)

体験談
「思い出の場所は天気が悪かった!」
■彼の転勤が突然決まり、それをきっかけに私もついていくことになり、結婚が決まったので突然のプロポーズ、ということではないが、よく出かけてた場所で、改めてプロポーズされた。屋外で、小雨が降っていたので長時間いることができず、余韻にいたることができなかった。(20代後半女性)

「電話」プロポーズ

女性として、やはりプロポーズという名の「愛の告白」は、直接伝えてもらいたいもの。
「恥ずかしいから」という理由で、電話でのプロポーズを考えている男性は、思いとどまった方がいいかもしれません。

彼女の目を見ながら 勇気を出して、真摯に自分の思いを伝えましょう。

体験談
「はっきり伝えてほしかった!」
■仲人さんが早く決めたかったのか、相手の家に私が他の人を探すと言ってると嘘をついたようです。彼から焦って連絡がありました。電話とかじゃなくてはっきり言ってほしかったかな。(30代後半女性)

体験談
「”これからもずっと一緒にいてください”セリフには満足だけど…!」
■電話でこれからもずっと一緒にいてくださいと言われました。本当は、直接会って話して欲しかったです。(20代後半女性)

体験談
「電話で言うのはありえない!」
■電話で言われた。ありえない!!直接言えよ!と思いました。電話で言うのはナイ(20代後半女性)

「でき婚」プロポーズ

彼女の「妊娠」が、結婚の決意を固める大きなきっかけとなることは間違いありません。
しかし、「子どもができたから」ということ だけ を理由に結婚を切り出されると、女性としては納得いかないことがあるようです。

前々から結婚を考えていた、という意思を伝えるために、妊娠がわかった後日に、 あらためて プロポーズの場を設けるといいかもしれません。

体験談
「あらためてプロポーズしてほしかった!」
■子どもができたから、結婚しようということになり、でもそれはきっかけだから、改めてプロポーズがあるのかと思ったが、なかった。(20代後半女性)

女性が不満に思うNGプロポーズ5つ【シチュエーションと場所】<PR>ものづくりの真髄を体現した作品と呼ぶにふさわしいジュエリー

番外編:プロポーズ自体なかった!

彼からのプロポーズの言葉やシチュエーションに、不満をもつ女性がいる一方で、「プロポーズ自体がなかった!」という女性の不満の声も多く聞かれました。

結婚の話ばかりが先行してしまったとしても、「今さら恥ずかしいし…」なんて思わずに、彼女のためにきちんとプロポーズの場を設けましょうね。

体験談
「やっと実った遠距離恋愛だったけど…?!」
■遠距離恋愛だったために・・・彼と一緒に住むイコール結婚みたいな感じでしたので、いつから住む?という話から・・・挨拶はいつ行こうかなぁ・・・など結婚に関する話が出てきてから・・・とんとん拍子に決まっていきました。
とんとん拍子に進んでいき、結婚できたのはとても嬉しいですが・・・やはりプロポーズの言葉は欲しかったです。冗談で「プロポーズされてないから結婚できない」「プロポーズしてよ」といっても・・・今さら?とか言ってしてもらえませんでした。(20代後半女性)


「結婚してほしい」という意思を伝える手段として、色々な言葉やシチュエーションが浮かぶことでしょう。
しかし、流れで言ってしまったり、思い込みですべてを決めてしまったり、タイミングが悪かったりすると、女性の心の中に後々もずっと不満が残ってしまうことも。

色々な成功体験を参考にしながら、彼女にとって一生の思い出となるように、最高のプロポーズをプレゼントしてあげてくださいね。

★関連記事