結婚式口コミ みんなのウェディング  >   結婚準備  >   結婚式  >   結婚式当日の流れ  >   結婚式の親族紹介の仕方/紹介の順番や挨拶の例文など

結婚式の親族紹介の仕方/紹介の順番や挨拶の例文など│先輩花嫁のアドバイスで結婚・結婚式の勉強をしよう!「みんなの結婚塾」

470
結婚式の親族紹介の仕方/紹介の順番や挨拶の例文など
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
結婚式の親族紹介の仕方/紹介の順番や挨拶の例文など

結婚は新郎新婦二人だけでなく、両家の結びつきでもあります。
両家親族は結婚式当日に初めて会うことが多いもの。そのためお互いの親族顔合わせは大切です。
親族紹介にはタイミングやマナー、プロフィール紹介の仕方など、おさえるべきポイントがあります。

そこで今回の講義では 結婚式での親族紹介のポイントをご紹介します。

1.親族紹介とは

 

この親族紹介の時間は、結婚式が開始される前に行なわれる場合もあれば、結婚式後の披露宴までの待ち時間を利用して行なわれる場合もあります。

現在でも、結婚とは二人だけではなく、「家」と「家」との新しい結びつきという考え方から、結婚式当日に、親族紹介の時間を設ける場合が多いようです。

形式的ですが、古いしきたりをもとに、「血縁の濃い順」、また「父方(男性側)」から先にから紹介されていきます。

なお、一般的にこの親族紹介には新郎新婦は衣装を着た状態で同席します。ただ会場によって新郎新婦が同席しない場合もあるようです。

新郎新婦が同席するかどうかは、全体の流れや両家両親と話し合って決めるとよいでしょう。

代表者形式について

両家の父親(家長)が代表者として、それぞれの親族の紹介をする形式です。 父親がいない場合は、母親あるいは伯父など「家」の代表となる人が行います。

それぞれの親族の名前と、新郎新婦との関係を紹介します。

緊張しやすい人にとっては、親戚の名前を突然忘れてしまうことがあるかもしれません。手元にメモを用意しておいてもよいでしょう。

自己紹介形式について

親族それぞれが、自分で名前を名乗り新郎新婦との関係を自己紹介する形式です。 親族それぞれが自己紹介を滞りなく行えそう、と予想できる場合には、この方法は有効です。

ただし、親族のなかに、人前で話すことが苦手だったり、緊張しやすい人がいる場合は、スムーズにいかない場合もあります。

念のため、流れを仕切る代表者を決めておいたほうがよいかもしれません。

2.親族紹介の流れ

司会者(媒酌人=仲人または式場スタッフ)をたてる場合は、

「それでは新郎様のお父様、ご親族の紹介をお願い致します」

と親族紹介開始の挨拶をしてからはじめます。

司会者をたてない場合は、新郎父親が開始の挨拶をします。

親族紹介の際は、新郎新婦との関係をわかりやすくするために、 父親→母親→新郎新婦の兄弟の順で、そのあとは「父方親族」「母方親族」と進みます。

この順番に両家が向かい合わせに並ぶこともあれば、紹介されたときにその場でお辞儀をして済ませることもあります。

紹介の際は、身内のことであるため、敬称はつけません。

○新郎の伯父の△△です。
×新郎の伯父の△△さんです。

1) 新郎側の紹介

「■■家(新婦側)のみなさま、○○家親族をご紹介させていただきます」
とはじめ、順に紹介していきます。

2)新郎側の挨拶

新郎父親「新郎の伯父○○でございます」
新郎伯父「伯父の○○でございます。よろしくお願いいたします」
ひと言述べたあと、お辞儀をします。

親族が多い時などは一言の挨拶程度で済ませるのが一般的です。

時間に余裕がある時は、特に親戚であれば新郎新婦との幼少時のエピソードなども織り交ぜていくと良いと思いますよ。

3)新婦側の紹介

「■■家(新郎側)のみなさま、△△家親族をご紹介させていただきます」
とはじめ、順に紹介していきます。

4)新婦側の挨拶

新婦父親「新婦の叔母○○でございます」
新婦伯父「叔母の○○でございます。よろしくお願いいたします」
ひと言述べたあと、お辞儀をします。

5)結びのあいさつ

「今後ともよろしくお願いいたします」などと挨拶を交わしたあとは、しばらく歓談の時をもちます。

また、親族紹介後の時間〜披露宴までに集合写真をとることもあります。

親族挨拶の流れは式場によってケースバイケースなので、両家両親や式場側と打ち合わせて、全体の流れを把握しておきましょう。

3.親族紹介のポイント

1)紹介の順番について

親族紹介は「家」同士の紹介でもあり、古くからの「男性側優先」という、暗黙のルールがあります。

親族内でも、新郎新婦の家族(父・母・兄弟姉妹)紹介のあとは、まずは父方親族が先に紹介されます。

そして、年齢よりも血縁優先で紹介されていきます。 現在では、「家」について、あまりこだわらない風潮が強くなっていますが、結婚式では今でも「家」を意識する場面が残っています。

2)媒酌人不在の場合について

最近では媒酌人(=仲人)をたてた結婚式が少なくなっています。

かつては、媒酌人が親族紹介の冒頭挨拶をつとめたものですが、不在の場合は、式場スタッフが代行してくれる場合がほとんどですが、まれに新郎父親がその任を負います。

3)新郎新婦とのエピソード

親族紹介当日は、両家とも初対面ということもあり、場の空気も緊張しがち。

そんな空気を打開してくれる新郎新婦との面白エピソードや温かいエピソードを紹介してもらうように事前にお願いしておくのも良いかもしれませんね。

あわせて読みたい!

「報告&あいさつ」の講義

フェア予約と口コミ投稿で、合計25,000円分のポイント(現金交換可)がもらえる!

未来の花嫁・花婿はあなたの本音を待っています。