【結婚式拝見】DIY欲が炸裂!遊び心いっぱいの個展みたいなウェディング

みんなのウェディング編集部 大石蘭
最終更新日 2017.04.18
【結婚式拝見】DIY欲が炸裂!遊び心いっぱいの個展みたいなウェディング

大人気企画【結婚式拝見】♪

今回ご紹介するのは、鳥取県の大山という大自然に囲まれた場所で、挙式と披露宴をおこなったsatokoさん夫妻です。
「鳥取では流行もちょっと遅れて入ってくるし、Instagramで見るようなおしゃれな結婚式もまだなかなか浸透していないんです……」と話すsatokoさん。
でも、鳥取というロケーションも生かしつつ、とっておきのアイデアとDIYを詰め込んで、ふたりもゲストも大満足のユーモラスなウェディングになったようです♪


初恋を叶えた花嫁さん♡プロポーズはスイーツの指輪!

小学1年生から同じ学校に通っていた、鳥取県出身・在住のsatokoさん夫妻。
同級生の彼は、satokoさんの初恋の相手でした。
小学校の途中でsatokoさんが転校したため、ずっと一緒というわけではありませんでしたが、地元の仲間とともにゆるくつながっていたふたり。
子どものときから友達同士だったふたりがついに恋人同士になったのは、結婚の2~3年前。友人を介して再会したことがきっかけでした。

そんな初恋の彼からのプロポーズは、ひょんなタイミング!
ときどきデートに足を伸ばす、大阪・梅田のスカイビルへ行った日のこと。
その日は展望台のある空中庭園で、ドイツビールフェスタがおこなわれていました。
お酒が大好きなふたり。いつものようにわいわい飲んだあと、展望台から夜景を眺めていたら、いつのまにか閉館時間が近づいてきました。
「蛍の光」が流れる閉館ムードの中、彼が「結婚しよう!」と指輪をパカッ。
「えっ今!?」
思わず反射的にツッコんでしまったsatokoさん……。
あとから彼に聞いた話によると、人がいなくなるのを待っていたら、閉館時間ギリギリまでプロポーズを切り出すタイミングがつかめなかったんだとか。
そんなちょっとコントちっくなプロポーズだったけど、返事はYes♡

繊細なホイップクリームがモチーフになったQ-potの婚約指輪は、スイーツとかわいいものが大好きなsatokoさんのハートを打ち抜きました。 もちろん指輪だけでなく、satokoさんの好きなものを一生懸命選んで買いに行ってくれた、彼のやさしさに惚れ直したプロポーズでした♡

でも実は、正式な指輪はプロポーズ当日に間に合わなかったそうで、これは「仮」の婚約指輪。
正式にもらったQ-potの指輪も、チョコレートモチーフでとってもキュート♡


ファンタジックな大自然に圧倒される式場

結婚式といえば、satokoさんには忘れられない景色がありました。
それは、8年前にゲストとして列席した教会「プリムローズガーデン森と水の教会」のこと。
コンクリートづくりの一見シンプルでスタイリッシュなチャペル。
その壁にある一面のガラスの向こうには、大きな山と自然のパノラマが広がり、バージンロードに光が降り注ぎます。

その美しさに感動したsatokoさん。
「いつか私が結婚式をするならここで挙げたい!」
そんな憧れをずっと胸に抱いていたそうです。

結婚式を挙げると決めてから、ふたりはさっそく憧れの会場に相談に行きました。
あらためて見てもやっぱり感動してしまう、ロケーションの美しさ。
都会での結婚式では、どうしても式場の外に出ると現実に引き戻されて、興ざめしてしまいがち。
でも、ここでは式の間もあとも、現実離れした幻想的な自然に浸れるのが魅力です。
そして、スタッフの方がとても親切で丁寧だったことも、satokoさんの背中を押しました。


壮大な冬景色に見守られて、オリジナルの誓いを♡

いつも家でコントを繰り広げたり、ふざけあうのが大好きなsatokoさん夫妻♪
そんなふたりに、「いつまでも悪ふざけし合える楽しい夫婦で」という思いをこめて、プランナーさんが提案してくれたのは、”PLAYFUL LIFE“というテーマでした。

誓いの言葉は、お互いに手紙を用意し、当日までヒミツにするという方法にしたふたり。
どちらかだけふざけてたらどうしよう!?バランスとれるかな?とちょっと心配だったsatokoさんですが、そこは間に入ったプランナーさんがうまく調整してくれたようで……

ここはおふざけなしの、まっすぐな誓いでした♡
「これからは一人ではなく、二人」「互いを尊重しあい、どんな時も思いやりと感謝の心は忘れない」あたたかいメッセージにあふれる、新郎の誓いです。

彼の素敵なところを挙げるsatokoさんの誓いは、初恋相手の彼にだからこそ伝えられるメッセージかも。 「隣にいるのが、この人でよかったな。おばあちゃんになってもそう思ってもらえる自分であり続けたい」
子どもの頃からの憧れ、恋が叶った今、そして未来へ……satokoさんの思いを、壮大な冬景色が見守っているようです。

鳥取市内からは遠めの立地にあることだけは少し気がかりでしたが、こんな景色見たことない!と、ゲストもロケーションに魅了された様子でした。

誓いのあとは、スタードロップスにふたりの名前を入れ、仕上げにストローをさして、完成!
このおしゃれなスタードロップス、satokoさんの手作りなんです。
ほかにも会場にはsatokoさんこだわりのDIYアイテムがいっぱい♪


まるで個展!? DIY熱が炸裂!

結婚式を作っていくにあたってのsatokoさんのモットーは、「節約するけど、やりたいことはやろう!」ということでした。
かわいいペーパーアイテムなどを購入しようとすると、なかなか費用がかさんでしまうものです。
でも、妥協はしたくない……それなら自分で作っちゃおう!というスタンスで準備を進めました。

もともと手作りが大好きなsatokoさん。
そのDIY愛は、Instagramでオーダーを受け、ケーキトッパーやハートドロップスなどを受注製作していたこともあるほどなのです♪
今回、「会場にあるものはお花以外ほとんど作った」と言えるほどDIY熱が炸裂
作った物は受付サイン、エスコートカード、席札、メニュー表などのペーパーアイテムをはじめ、ケーキトッパー、スタードロップス、サンキュータグ、ウェルカムガーランドなどなど……!

この売り物みたいな受付サインも手作りだなんて!
ナチュラルリーフのデザインが今っぽくてかわいいですね♡

マッチ箱型がかわいいこちらはエスコートカード♡
ひとつひとつ絵柄が違うのもスゴイ!中には小さなドライフラワーやお菓子が入っていてきゅん♡

メイソンジャーモチーフがおしゃれなスタードロップスは、受付から挙式の最後まで大活躍。
色合いもウェディングらしくて素敵です。

ジャーの中に入れる小さな星たち。これを作っちゃうなんて本当に手先が器用!

ウェルカムバスケットには、今までに作ったウェルカムガーランドやペイントしたプレートなどを詰め込んで♡
satokoさんらしさがいっぱいの楽しいバスケットですね♪

席札には小さなリースが!席についた瞬間に笑顔になれそう。

ゲストへのプチギフトは、トレンドのマルティネリのアップルジュースに、自作のサンキュータグを添えて♡
スタードロップスとおそろいの、ジャーモチーフがとってもおしゃれ♪

そして極めつけはこの高砂背景!写真や映像にもたくさん映り込むこのスペースだからこそ、ロゴまで自作してこだわりました♪
テーマに沿って、「ふざけてる感、やりすぎ感」を出したそうですが、いやいや、とってもかっこいい~!
さりげなく鳥取の自然も連想させるようなデザインが素敵です。

ちなみに、ほとんどひとりでDIYしちゃうsatokoさんにちょっと引け目を感じたのか、ムービー関係は彼が全部作ってくれたのだとか♡
お互い得意なことを担当して、苦手なことは相手にまかせるという分担体制も、ケンカしない結婚式準備のヒケツですね♪


子どもも大人も退屈しない!アイデア満載の披露宴

お子様ゲストには、インスタントカメラを渡して自由に写真を撮ってもらいました。
なるほど、大人にはない個性的な視点からの写真が撮れそう♡
子どもも新郎新婦も嬉しいナイスなアイデアです♪

フォトブースも用意!
リモコンで自由に撮れるよう、カメラマンさんに設置してもらいました。
ずらりと並ぶお面や……

バラエティ豊かなフォトプロップスにテンションが上がります!

披露宴の中座のとき、新郎新婦がいない間も、会場内には見るものがいっぱいでゲストを飽きさせません。
新郎新婦だけでなく、こだわりの装飾やアイテムもたくさん写真に撮ってもらえたのが嬉しかったというsatokoさん。
「まるで個展だったね!」という反応の友達もいたほどでした……!


お酒好きなふたり!絶対やりたかった果実酒作り♪

お色直しをし、再入場したあと、キャンドルサービスのかわりにふたりが絶対やりたかったのは、果実酒作り!
プロポーズの日もビールフェスタに行っていたということからもうかがえますが、ふたりはお酒が大好き。
そんなふたりが考えたのが、披露宴のときにその場で果実酒を漬け込んじゃおうという、テーブルラウンドならぬ、果実酒ラウンドでした。

各テーブルにカットフルーツを置いておき、瓶を持ったふたりが回って、ゲストにフルーツや氷砂糖を入れてもらいます。

最後にふたりでお酒を注いで……♡

見た目もカラフルでフォトジェニック♡
この果実酒が完成するのは数ヶ月後。

新居に飲みに来てくださいね、というメッセージも込めて……楽しみがこの日だけで終わらない、ユニークな演出です♪


お楽しみはウェディングケーキだけじゃない!とっておきの「○○ビュッフェ」

ウェディングケーキは、トレンドのネイキッドケーキをチョイス♪とってもかわいい上に、なんとも食欲をそそる、おいしそうなルックスですね。

ケーキ入刀のときにもふざけずにいられない!?
おちゃめなポーズがかわいいふたり♡
でもこのケーキ、70人ほどのゲストの人数に対し、50人前くらいというちょっと小さめサイズ。

それはどうしてかというと……

新郎がコック帽!? 
果実酒作りのあとは、なんとパンケーキ作りが始まります!
それというのもsatokoさん、自他ともに認める無類のパンケーキ好き。

そんな satoko さんにプランナーさんが提案してくれて、ノリノリで追加したのが、パンケーキビュッフェでした♪
実は、ここでゲストがパンケーキを食べるお腹の余裕を残しておけるように、ウェディングケーキは小さめだったのです。

パティシエにふんした新郎がパンケーキを焼くパフォーマンスで、パンケーキビュッフェがスタート♪

パンケーキを待つゲストの前で、新郎パティシエはちょっと緊張!?
焼き上がったパンケーキを、satokoさんが配っていきます♪

ただのスイーツビュッフェだけじゃない!
ライブ感のあるオリジナルな演出に、ゲストも大喜び♪写真撮影もさらに盛り上がります。

式のテーマ“PLAYFUL LIFE”が書かれたタグがかわいい♡
まさにこのテーマにぴったりの、みんなが童心に返れるような、遊び心ある時間ですね♪


楽しむ気持ちを大切に作り上げたウェディング♪

ユーモラスなアイデアと、こだわりのDIYがいっぱいのsatokoさんのウェディングですが、satokoさんがプレ花嫁に伝えたいのは、「あれもしなきゃ、これもしなきゃとDIYを頑張りすぎるより、楽しむ気持ちを大切に♪」ということ。

確かに、satokoさんのDIYや工夫の数々からは、プレッシャーよりも「好き!楽しい!」という気持ちが伝わってきますね。
自分たちらしいDIYや演出を取り入れてみたいというプレ花嫁さんは、ぜひsatokoさんのウェディングを参考にしてみてはいかがでしょうか♪

▼satokoさんが結婚式を挙げた会場はこちら

会場名 プリムローズガーデン森と水の教会
式場ジャンル 専門式場
収容人数 2人~100人
定休日 無休/営業時間 9:00~19:00
受付時間 TEL:0859-48-5050 FAX:0859-53-8181
住所 鳥取県西伯郡大山町鈑戸あけまの森1570

関連する記事