結婚式の服装!ネクタイのおしゃれな結び方10パターン

みんなのウェディング編集部
2016.01.09
結婚式の服装!ネクタイのおしゃれな結び方10パターン

ひと口にネクタイといっても、その結び方には実はたくさんの種類があります。中には人と差がつくおしゃれな結び方も。
男性が結婚式にお呼ばれした時にやりたい様々なネクタイの結び方をまとめました。

1. ダブル・ノット

ワイドカラーや細めのロングカラーに合う。ネクタイの長さが短くなるので背が低い方にもお薦め。
http://kennosuke.jp/

2. ウィンザーノット

ウインザーノットは、手順が多少難しいものの、ボリューム感のある結び目が作れます。ワイドな襟のシャツにあうノットです。
http://www.tie-guide.com/

3. セミウィンザーノット

セミウインザーノットは、ウインザーノットを簡略化したような結び方です。きれいな正三角形の結び目が作れます。
http://www.tie-guide.com/

4. スモールノット

スモール・ノットは結び目がコンパクトに仕上がる結び方です。プレーンでも結び目が大きくなってしまうような太いネクタイの時などに重宝します。
https://nanapi.com/

5. クロスノット

一般的にタイは大剣を結び回して仕上げますが、クロスノットは小剣を使って結びあげます。
ノットは小剣がクロスした状態で仕上がります。ドレス感度の高いタイを、あえて崩したように結ぶ際に用いてみましょう。
http://allabout.co.jp/

6. ダブルクロスノット

名前からするとダブルノットとクロスノットのミックスという印象ですが、セミウィンザーノットの二重巻きというのが正解です。
ノットはかなり大きく、横型の二等辺三角形に仕上がります。
ダブルノットよりもノット部分の分量を多くつかうので、長めのタイを使って小剣を短くとって結び上げるのがポイントです。
http://allabout.co.jp/

7. ノンノット

結び目が特徴的なスタイル。通常であればシャツ側を向いているため隠れている部分を外側に向けてる結び目が目立つ。
友人の結婚式の二次会など、少々改まった華やかな場で有効。
http://kennosuke.jp/

8. ブラインドフォールドノット

プレーンノットを結んで、最後に大剣をくるりと返してノットを隠してしまいます。
見え方はノットがなく、まるでスカーフかアスコットタイのようです。
シルバータイなど、フォーマルな席に結んでいくのに使えそうです。
http://allabout.co.jp/

9. 人と差をつけたいときに、エルドリッジノット

”結び” というより ”織り” とでも言いたくなるような、複雑な折り目が美しいノットです。
折り返しが多いので、モッサリしないようなるべくタイトに結ぶのがポイント。タイは柄物よりもプレーンなものを選んだ方が奇麗かも!
http://youpouch.com/2013/01/15/99736/

10. 人と差をつけたいときに、トリニティーノット

トリニティー(三位一体)という名の通り、3つのやや広めな織り目が前面に出る結び方です。   結び目がややふっくらするので、太巻きが好きな方にオススメ。こちらは柄モノにも合います。
http://youpouch.com/


関連記事はこちら♡

あわせて読みたい!