海外挙式を格安でおこなう5つのコツ:オプションの単価がポイントに

みんなのウェディング編集部
2016.03.01
海外挙式を格安でおこなう5つのコツ:オプションの単価がポイントに

1. 挙式パック+オプションを削って格安に

http://d4w9i1j5cm7ll.cloudfront.net/o/C001/magazine/news/news3/n5064-1.jpg

海外ウエディングですが、とあるコツを使えばさらに格安で挙げることができます。
そのコツとは、格安の挙式パックを利用すること。
この挙式パックというものは、旅行会社や衣装屋などで提供しているものです。
その中には、通常では考えられることが出来ないほどに格安で提供されているパックもあり、頻繁に旅行会社などをチェックしてそれらを見つけることが出来れば、それだけで格安で海外ウエディングを挙げることができるでしょう。
オプションなどを変えることが出来る場合もあるので、自分たちで工夫して、さらに安くすることも可能です。
http://www.kaigaikyoshiki.com/

2. 挙式のパーツごとに最安業者を手配する

http://d4w9i1j5cm7ll.cloudfront.net/o/C001/magazine/news/news3/n5064-2.jpg

昨年ハワイで挙式しました。
安くて豪華にしたかったので、飛行機→ノースウエスト
ビジネスクラスホテル→ハレクラニ(15Fのお部屋)。
教会→セントアンドリュース大聖堂
レセプション→プルメリアビーチカフェにて。
ドレス→オーダーでつくる(10万)。
タキシード→現地でレンタル($150)。
写真→ラヴィファクトリー(Hタイプ)。
ビデオ→プロペラUSA(松タイプ)。
ブーケ→現地でオーダー。
その他→家族リムジン・他小物。
これだけこだわり、100万をきりました。
大手ですと、おなじプランにされた場合はかなりお値段もいくとおもいます。
もし、時間があるのでしたら、パックではなくご自身で手配できるものは手配したほうが断然安くあがります。
飛行機をビジネスではなくエコノミー・ホテルもランクを下げれば もっと安くできました。
http://oshiete.goo.ne.jp/

3. 同行者も挙式費用増減の大きなポイントに

http://d4w9i1j5cm7ll.cloudfront.net/o/C001/magazine/news/news3/n5064-3.jpg

同行者は、丁重にお祝いを辞退して、旅費を少し削らせてもらうのも手だと思います。
式のほうなら、かなり、削れると思います。
パックになっていると、DVDやら写真やらプロのものがついてくるので、同行者がいるなら、そういうものも、同行者に頼めば20万ぐらい浮くでしょう。
ただ、教会内では同行者の撮影禁止のところも多いので注意が必要なのと、やっぱり、プロは違いますよ。
http://q.hatena.ne.jp/

4. 意外に高い衣装代もヤフオクで大幅節約!

http://d4w9i1j5cm7ll.cloudfront.net/o/C001/magazine/news/news3/n5064-4.jpg

私たちはサイパンで挙式しました。挙式代だけ見れば結構リーズナブルです。
高いのは付帯するサービスです。これをどうするかです。衣装ですがウエディング会社が提供するレンタルははっきり言って高いです。
またレンタルでも購入でも価格が変わりません。
レンタルは小物のレンタルも付いていますが購入の場合はそれらを自前で用意する必要が出てきます。
それなりのデザインのものを選択すると25万はくだらない場合が多いです。
私の妻の場合はヤフオクに出品している業者からサイズオーダーの新品のドレスを4万ほどで購入しています。
タキシードも同様の方法で購入しています。
ビスチェやパニエなどはそのままヤフオクで購入しています。
結局二人の衣装を購入で総額10万以下で揃えています。
私たちは記念にドレスやタキシードを取ってありますが挙式後 ヤフオクで売ればもっと衣装代を押さえる事も可能だと思いますよ。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

5. 「旅行積み立て」の高金利を利用して

http://d4w9i1j5cm7ll.cloudfront.net/o/C001/magazine/news/news3/n5064-5.jpg

JALトラベル、ANA、JTB、日本旅行など大手旅行会社の「旅行積み立て」を利用するといいですよ。
「旅行積み立て」は銀行の定期預金の旅行版で銀行の定期預金に比べて数十倍の高金利で、旅行会社の航空券・宿泊・結婚式等費用の支払いに利用できます。
半年間から運用できて、利率3%以上付く旅行会社もあります。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/


あわせて読みたい!