【費用や検査内容など】カップルで知っておきたいブライダルチェックの基礎知識まとめ

みんなのウェディング編集部
2016.03.26
【費用や検査内容など】カップルで知っておきたいブライダルチェックの基礎知識まとめ

1. ブライダルチェックとは?

ブライダルチェックとは結婚後早く赤ちゃんが欲しい人や遠くない将来に結婚する人が受ける健康診断です。
ブライダルチェックで子どもができる体なのか、できにくい体質なのか、なども分かります。
現在では晩婚が多いですから、女性の体は妊娠しにくい場合もあります。
子どものことを考えるなら、ブライダルチェックをしておくことが大切ですよ。
http://josei-bigaku.jp/

2. 検査内容はどんなもの?


https://upin.jp/

細かな検査の内容は、ブライダルチェックができる病院によって異なりますが、会社で行なう一般的な健康診断にもある血液検査や尿検査などのほかに、月経の周期や状況などを確認するための詳しい問診、子宮や卵巣の状態を調べるための内診やこのとき同時に行なえる子宮ガン検診、超音波検査などがプラスされていると思えばいいですね。
http://www.karamane.jp/

3. ブライダルチェックにかかる費用は?

ブライダルチェックは保険の適応外の診察になりますので、料金は高めになります。
検査内容にもよりますが、25,000円~40,000円くらいが平均的なところのようです。
http://memoru.babymilk.jp/

4. ブライダルチェックは男性も受けられる!


http://josei-bigaku.jp/

男性のブライダルチェックの内容は女性のブライダルチェックの内容と比べてもさほど差はありません。
ですが、男性のブライダルチェックは産婦人科でなく病院で行います。
検査内容は、血液検査と尿検査、レントゲン検査などで唯一違うのが、精液検査があるということです。
女性の場合は、子宮の検査がありますが、男性の場合は精子の数がどれくらいかを検査します。
http://miho34.com/

5. 忙しい人は自宅で出来る検査キットの活用を


http://getnews.jp/

ブライダルチェックは自分で行うこともできます。セルフキットがあるのです。
例えばクラミジア検査のキットは尿を採取して郵送すると、検診結果が送られてきます。
また、自分でできる子宮がん・カンジダトリコモナスのキットやHIVセルフチェック、糖尿病の検査キットなどもあります。
これらを利用するのも一つの方法ですね。
http://josei-bigaku.jp/


あわせて読みたい!