梅雨にうねる髪も可愛く決まる「厳選ヘアケア5選」

みんなのウェディング編集部
2016.06.08
梅雨にうねる髪も可愛く決まる「厳選ヘアケア5選」

1. 正しいブローで髪の広がりをおさえる


http://www.atama-bijin.jp/

くせ毛をブローする際のポイントは次の3つ。
1.濡れた状態から半乾きに乾かす
2.トリートメント剤をつける
3.7~8割程度乾かし、ブローする
高めの温度で短時間で、根元までしっかりと乾すのがポイント。
髪は熱が冷めた状態の形を維持するので、カールブラシを使いながら形を整えていきましょう。
ブラシについては、プラスチック製のものは静電気が発生するので、髪が細くて柔らかい人は豚の毛、硬い髪の人は猪の毛のものがオススメです。
http://hatenanews.com/

2.外出先ではティッシュを活用!


http://star-studio.jp/

ティッシュで前髪を包み、内側にくるっとまとめてピンで固定。
5分ほどおいたらピンを外します。ティッシュを一緒に巻き込むことで、ピンの跡がつくことを防止し、柔らかいカールになる効果もあります
http://xbrand.yahoo.co.jp/

3.全体が広がるときは、髪の内側にワックスをつけて


http://woman.excite.co.jp/

ボリュームを抑えようと、髪の表面にワックスをつけるのは、表面がベタついて見えるので絶対にNG。
ほんの少量のワックスを髪の内側にのみ、うねりを抑えるようにつけるとボリュームを減らせます
http://xbrand.yahoo.co.jp/

4. さらっとしたオイルを、霧吹きタイプの容器に移し替えて持ち歩こう


http://neocla.exblog.jp/

朝のまとまった状態を湿った外でも復活させるためにオススメなのは、オイルタイプのトリートメント。
まんべんなく軽めに髪につくように、霧吹きタイプの容器に移し替えることでベタつきを防ぐことができます。
ちなみに、ねっとりしたオイルは霧吹きタイプに移し替えができないため、さらっとしたタイプを選んで。
スプレーで塗布した後は、内側にもしっかり行き渡らせるためにも念入りにブラッシングを。
髪の表面だけではなく、広がりの原因にもなっている内側の毛の広がりを抑えましょう。
http://www.biranger.jp/

5. ヘアアレンジは梅雨どきの強い味方


http://news.livedoor.com/

髪が広がりやすい梅雨の時期は、アレンジヘアで乗り切るのがベスト。
おしゃれなアレンジヘアに見せるポイントは、アレンジの前に毛先をアイロンやカーラーで巻いておくこと。
このひと手間でまとまり方や仕上がりが変わります!
毛先に動きがあるだけで、ただのポニーテールもぐっとオシャレに見えるし、後れ毛だってアクセントに。
コツは髪をいくつもの部分に分けて少しずつ巻くこと。慣れてしまえばそんなに時間はかかりません。

蒸し暑い日はアップスタイルにしたいですよね。このアレンジなら、編み込みがアクセントになって横顔美人!
後ろから見たときも、ランダムに散らばった毛先がキュートです。
下準備として、毛先はアイロンやカーラーで巻いておきましょう。
http://news.livedoor.com/


あわせて読みたい!