メモ帳コミュニケーションで攻める「婚活パーティ」で男性にモテる秘訣

みんなのウェディング編集部
2016.03.19
メモ帳コミュニケーションで攻める「婚活パーティ」で男性にモテる秘訣

1. 服装は清潔・清楚な印象にまとめるのがポイント


http://k2y.jp/

ブランド物の服、ゴージャスなアクセサリーをいっぱいつけるのはNG。お金がかかる女性という印象を与えてしまいます。
ネイルも凝ったデザインにしていると『料理をしない人』の印象を与えてドン引きされます。
セクシーなファッションも軽そうな印象を与えてしまう恐れがあります。
http://news.mynavi.jp/

2. プロフィールカードを具体的に書き、話のきっかけをバラまく


http://trikky.ru/

記憶に留めてもらうため、うまくプロフィールカードを利用することが大切です。
例えば「好きな音楽」の欄はJ-POPとかジャンル名を書くよりもアーティスト名を書く方が良いでしょう。
答えはなるべく具体的に。そこで少しでも話が合えば、「あ、この人は○○が好きな人だったな」と記憶に留めてもらえます。
http://omiai-success.seesaa.net/

3. イケてない相手でも、必ず良いところを見つけて褒める


http://www.giornalettismo.com/

私は目立つような美人ではないですが、パーティーだと列ができるくらいモテモテになるので気分良かったです! 緊張している男性が多いので、全員の方と笑顔で、そして相手の良いところは素直に褒めつつ会話したのが良かったみたいです。
かなりの方からご指名を受けました。
中には、あまり見た目の良くない男性が来ると露骨に嫌な顔をする女性もいて、傍から見ていてもちょっと感じ悪かったですね。
http://komachi.yomiuri.co.jp/

4. 質問攻めは禁物!デリカシーのある会話を心がける

お見合いパーティーは結婚を意識して集まっている人が多いので、結婚に関する質問もある程度の事であればすんなり答えてくれるはずです。
しかし、いくら結婚を意識しても初対面の人に答えたくない質問はたくさんあります。 ちょっと答えづらいかもしれないと感じる質問は時間をかけて徐々に聞いていく方がいいでしょう。
https://coitopi.jp/

5. メモ帳コミュニケーションで攻める


http://grainedit.com/

まずはしっかりコミュニケーションをとることです。
婚活パーティでは大勢の人と出会いますから、あとあと忘れないようにメモを持って行くといいですよ。
自分ではなく、相手に書いてもらってもいいですね。
「名前書いてもらえますか?」「どこに書けばいいの?」なんていうやり取りもコミュニケーションです。
http://u-rennai.jp/

6. 「あなたと話していると楽しい!」をしぐさで表現

話していてつまらない人というのは何も会話だけではなく、目線と姿勢にも出てしまうので要注意である。
とくに女性は苦手なタイプは顔をそむけたり視線をずらしたり、腕くみをしたり(これをガードポジションという)をしてしまうのであるが、これが癖になってしまうと意中の人との会話でも、癖で腕くみをしてしまったり、視線をずらしてしまうので注意が必要。
http://party-find.com/


あわせて読みたい!