彼氏に平手たたき! 女性から男性への逆プロポーズのエピソード5選

みんなのウェディング編集部
2016.03.28
彼氏に平手たたき! 女性から男性への逆プロポーズのエピソード5選

1.平手たたき後のプロポーズ

http://d4w9i1j5cm7ll.cloudfront.net/rc/C001/347x258c/magazine/news/news-932.jpg
http://soniwota.otaden.jp/c260_37.html

その日は土曜日で、著者は仕事が半日だったので、帰りの電車の中で心に強く「今日こそ言ってやる!」と決め、勢い良く家に帰ったら、主人は仕事が休みだったのでパソコンを見ながら何だか楽しそうにしていました。
主人が「お帰り。」と言う前にパソコンの前に座っている背中を思いっきり平手で叩き、プロポーズの言葉を言ってやったのです。
全くロマンティックでも何でもない、唐突なシュチエーションに主人はパソコンの画面を指差した格好でびっくりした後、うろたえていました。
プロポーズの言葉は「あなた、大物にさせてあげるから結婚するよ。」でした。今まで生きてきて初めてのプロポーズで、次の日婚姻届を出しました。
http://nanapi.jp/

2.気持ちをストレートに伝える

http://d4w9i1j5cm7ll.cloudfront.net/rc/C001/600x320c/magazine/news/news-933.jpg
http://darulfiqh.com/

筆者がプロポーズをしたのはお付き合いして半年くらいです。夫は当時30代後半で、女性に縁がないようなタイプではありませんでした。
それまで結婚をしなかったのは、きっと結婚に対して前向きになれない理由があるのではないかと思っていました。
その理由を聞きただしたことはありませんが、筆者の方が結婚への意欲が高いということと「私と居ると楽しいですよ」というアピールを込めてみました。
プロポーズの言葉は結婚しましょうか?私が幸せにしてあげますよ。というシンプルなものです。
夫の反応はいいですよ、そうしましょうか。というシンプルなものでした。
ロマンチックな雰囲気で...などということもなく、日常会話のようなものでした。
http://nanapi.jp/

3.のほほんとした雰囲気の中で結婚をほのめかす

http://d4w9i1j5cm7ll.cloudfront.net/o/C001/magazine/news/news3/n4915-1.jpg

私は付き合って8ヶ月くらいのときに(両方とも当時25歳)、『将来のこととか考えてる?』って聞きました。彼『結婚のこと?』私『そうそう~私、将来を考えて付き合っていきたいお年頃なので』彼『じゃあ、メロンでも買う?』私『いいねぇ~』て感じで週末デートはブライダルフェアに行きまくり、気に入ったとこを予約し、半年後に結婚しました。
http://okwave.jp/

4.1年後に苗字が一緒になっていたいということをさりげなく話す

http://d4w9i1j5cm7ll.cloudfront.net/o/C001/magazine/news/news3/n4915-2.jpg

3年前。付き合って7年目で同棲5年目という時期で、年賀状の用意をしていたころのことです。お出かけの帰りに電車の中で「来年用意する年賀状は苗字一緒にしちゃうといろいろ楽だねぇ。」って私が言ったら、「そうだねぇ。そうするか。」って返事が返ってきました。
「じゃあ、今度の記念日に入籍したいね。」「うん、それ良いね。」って感じになんとなく結婚が決まっちゃいました。(笑)
私はこれはちょっとしたきっかけだと思っていたのですが、友達に話したら「はぁ?それって逆プロポーズじゃん!!」って言われました。
http://oshiete.goo.ne.jp/

5.逆プロポーズが裏目に出てしまったパターン

http://d4w9i1j5cm7ll.cloudfront.net/rc/C001/500x281c/magazine/news/news-936.jpg
http://girly.today/

私の方からポロポーズしました。以後、かんぜん「彼優位」になりました。なにかあれば「じゃあ、結婚やめようかな~」とちらつかされました。
足下をみられたかんじですね。彼は、相手の家族にも、私からプロポーズされたから、、みたいな理由で私との結婚の事をはなしたみたいです。
で、義親からも「女から結婚を狙ってくるなんて!!」みたいなかんじで、非難が殺到しました。
「結婚をしてあげる男」「してほしい女」という優劣関係ができたしまい、以後、結婚、挙式にはなんの発言もできませんでした。
http://oshiete.goo.ne.jp/


あわせて読みたい!