転ばぬ先の杖! 大事な結婚指輪の紛失を避けるコツ

  • みんなのウェディング編集部
  • 2016.06.14
転ばぬ先の杖! 大事な結婚指輪の紛失を避けるコツ

結婚指輪は夫婦の証となる大切なもの。しかし、どこかに置き忘れてしまったり、排水溝に落としてしまったり、紛失する人は意外に多いようです。

今回は、みんなのウェディング編集部が、大事なマリッジリングを失くさないためのコツを紹介します。


キツめのサイズで抜け防止

指輪がゆるいと手が濡れたり、手を振っただけで抜けてきてしまうことがありますよね。

いつの間にか指から抜けてしまうため、いつ失くしたか全く分からないという指輪が非常に探しにくい状態になってしまいます。

指輪を失くさないためには、まずはちょっとキツめのサイズをチョイスすることが重要。

体型の変化によって指輪がゆるくなってしまったという場合は、きちんとサイズ直しをして身につけるようにしましょう。

水回りは要注意

指輪を紛失しやすい場所の第1位はなんと言っても水回り! お風呂やキッチン、洗面所や温泉・プールなど、水に触れる時に指輪を外す習慣がある女性は多いでしょう。

外出先のトイレで置き忘れてしまったり、手を洗う時にうっかり排水溝に流してしまうこともあり得ます。

水回りが最も指輪を失くしやすい危険な場所だということを認識し、指輪を外す時はポーチに入れるなど失くさない工夫を忘れないようにしましょう。

外さないのが1番効果的

指輪を失くすのは指輪を外してしまうから。指輪を劣化させたくないという思いからこまめに外している人は、それだけ指輪を失くしてしまうリスクを抱えています。

「指輪を失くすくらいならどんな時も絶対外さない」と決めてしまうのはシンプルで最も効果的です。

指輪の置き場所を作る

仕事や指輪の劣化を防ぐ為に指輪を外したいという人もいますよね。指輪を外す時に大切なのは自分で「指輪の場所」をきちんと決めておくこと。

家の洗面所で指輪を外すならリングホルダーにかける、外出先で外した時は必ず専用ポーチに入れるなど、指輪を外した時の置き場所を決めてそれを守りましょう。

定位置を決めておくことで指輪を失くすリスクをかなり減らすことができます。


もし失くしてしまってどうしても見つからない時は正直にパートナーに打ち明け、また同じ物が購入できるかお店に早めに確認してみましょう。

あわせて読みたい!