かえってラブラブに!! 恋人と喧嘩にならない不満の伝え方

  • みんなのウェディング編集部
  • 2016.06.14
かえってラブラブに!! 恋人と喧嘩にならない不満の伝え方

喧嘩ばかりのカップルは、本当に些細なことが原因となっている場合が多いもの。
些細なことが喧嘩に発展するのは、言い方や不満の伝え方が悪いからかも。

彼や彼女に対する自分の話し方に悪いところがないか、1度振り返ってみましょう。

今回は、結婚式場選び口コミサイト「みんなのウェディング」編集部が、彼氏と喧嘩にならない不満の伝え方を紹介します。


命令ではなくお願いで伝える

相手が悪かったとしても、それを注意する時に命令口調だと向こうもカチンと来てしまいます。

「◯◯しないで!」と言うのではなく、「◯◯されると自分はこう感じるから、やめて欲しい」ということを、理由をきちんと説明してお願い口調で頼みましょう。
理由を丁寧に説明することで、相手も納得しやすくなります。

お互い冷静な状態の時に言う

感情的になっている時のセリフは相手を傷つけ、ヒートアップさせます。
喧嘩したくないなら、冷静な状態で怒らずに伝えることが大切です。

お互いがお互いの話をきちんと聞ける状態で「話し合い」を意識しましょう。

優しい言葉使い&笑顔で

怒っている口調だと、相手に「反論しなきゃ!」と思わせてしまいます。
優しい言葉遣いと表情に気をつけるだけで、無駄な喧嘩は避けられます。
相手を怒らせずに聞いてもらいたいなら、笑顔で冗談ぽく伝えるのもひとつの方法ですね。

相手を一方的に悪者にしない

一方的に相手を非難してしまうと、相手は喧嘩腰になりますし、逃げ場がありません。

何か不満を伝える前に、「こういうところは自分が悪かったんだけど…」と自分の非を認めてから、相手の悪いところを指摘するようにしましょう。
お互いに非を認め合える、意義のある話し合いになるでしょう。

正論で追いつめない

相手が100%悪いと思える状況でも、正論で追いつめすぎると向こうは何も言えず息苦しさを感じます。

一般論の善悪ではなく、「◯◯されると自分は悲しい」など、自分が彼・彼女の行動にどう感じているかを伝えましょう。
その方が自分のしたことを反省してくれるようになります。


無駄な喧嘩は伝え方を工夫するだけである程度は避けられます。

相手に変わって欲しいなら、まずは自分の伝え方を振り返ってみましょう。

上手に自分の気持ちを伝えることで、お互いに理解し合い絆を深められるはずです。

あわせて読みたい!